◆2011年の綴り

◆ 秋のイベント   11月26日

庭の木々が紅葉しうつくしい!!
ここのところ毎朝出勤して一日一日変化していく、イチョウ・ニレ・シデ・トチの木などが
色付く様子を眺めるのが日課となっています。









赤木明登 ぬりもの〔11月3日・4日〕
新そばを楽しむ。









お茶あそび(お盆点前と立札点前を楽しむ)










多くの方の参加により無事会期終了。
たびたびこのような企画を・・・とのお声に、ほっとして感動の思いでいっぱい。
今年の秋の大イベントでした。




◆ 土楽 DORAKU   9月22日

今朝、新米を注文。 
「 ツルが舞い降りる田んぼ 」 でとれるお米。ご存知ですか?
いま、かなり意識とゆうか興味をもっているお米なのです。
 
朝 台所で窓を開けると、湿気のない乾燥した風がはいってくるこの季節がやってくると、
炊き立てのごはんのにおいと、おいしさがこいしくなるんです。
ちょうど高知では、台風15号が過ぎて、秋の空を渡る風が台所をぬけてゆきます。
  
  








くらすこと 秋   の企画展で紹介している 土楽 DORAKU の織部釜。
いいんです。  飯碗もそろっています。
それぞれみなさんの手にあう飯碗で、炊きたてのご飯をいただくよろこび。
し・あ・わ・せ
 


◆ のみの市 感謝のきもちいっぱいです!!  8月18日
 
久しぶりの「のみの市」
20年ぶりに写真に写っている、のみの市のたれ幕が登場しました。
 









グラフィックデザイナーの中島悟さんに作ってもらったこのたれ幕、以前は電車通りに面して
ウィンドウにかけて、のみの市を何度かしました。
その後は、ていねいに倉庫におしまつ。
今年、倉庫の建て直しをする事になり、長年の花のお在庫と店の中でずっと使ってきました
家具(テーブル・イス・棚 他)備品などなどを使っていただけたら「あ・り・が・た・い」の思いを込めて。
長年のお客様には「懐かしい!!」
新しいお客様には「なに!!なに!!」
「今度はいつするの?」
「どこかへお引っ越し?」と、話題はつきません。
が…何にも変わりません。
これからもず~っとよろしくお願い致します。
のみの市のたれ幕もまた、ていねいにおしまつ。
9月17日よりの次回の企画展準備が始まる迄・・・つづいていますのでお待ちしております。
 
                                     
                                               蝉しぐれのなか

◆ 今 はまっているもの。   6月30日
 
安芸市の素材で商品を開発しパッケージにもこだわった、「 たまねぎ ゆず ドレッシング 」。
野菜の母のような、たまねぎを粗くすり下し安芸産のゆずと「森のはちみつ」を加えてマイルドに仕上げました。
しっかりフタを締めてよく振ってからお使いください。   作り手 アニュームーン と まる彌カフェ のコラボ商品
 
たとえば
・冷たくパリッとさせた翠の野菜、トマトなどに。
・ゆで野菜、蒸し野菜、海藻サラダに。
・冷しゃぶのつけだれにも。
・タタキやお刺身、冷ややっこに。
    
作り手からのレシピ 順番にためしてみました。
冷たいビールのおともにGood!!はまっています。
 








たまねぎゆずドレッシング ¥860
 
 
店のスタッフが「おいしいドライマンゴ 今日の休けい時のおやつ 持ってきました!!」朝のあいさつ後の一声でした。
もともとマンゴは好物。
ええ!!・・・・・おいしい・・・・おいしい
食品添加剤不使用のしっとりとした食感。材料はマンゴ果実・精製きび糖のみ。
 








ドライマンゴ 100g  ¥580
レモングラス 35g   ¥630
 
オーガニックレモングラスティーとドライマンゴ ためしてください。ぜひ。
ケニア山の麓 メル地方より届いた有機レモングラス(葉茎)ティー。
今はテーブルギャラリーの食品コーナーでご紹介しています。



◆TEMBEA  6月4日

使い慣れたTEMBEAのバゲットトート。
 






 

テーブルギャラリーへの出勤時と変わらないスタイルで
5/20の朝より陶芸家の村田森さんとNAVY-YARDの小野さんに会う為に出張。
東京・馬喰町でこんな出来事が・・・
突然、声をかけられて「私のバゲットトートと色も形も同じです!!」
若くてとってもチャーミングな彼女に声をかけられ、うれしい!!!
 








我家では収納としてブックトートが大活躍。棚に並んで取り出し易いのもとっても便利。
 








ホームページのお買物のページにTEMBEAのラインナップを紹介してます、ご覧ください。 




◆えみおわす  6月3日

今日のわたくしファッションは、「えみおわす」の藍染めマチパンツとスクエアシャツ。
きもち良いのです とっても。
身体もきもちものびのび。
今年のゴールデンウィーク 4/29→5/8 企画は「えみおわす+おじろ角物店」
私もその時にお買物、10回以上も藍染めを繰りかえしたガーゼのスカート。
身体にそって軽くてうれしいスカートに出会いました、このスカート注文が多かったのですが、残念なお知らせ・・・
追加できないそうで、次の機会待ち。
「えみおわす」の阿部直樹さんは長身で、まるでモデルさんのよう。
お店の仕事仲間はリスパンツがお気に入り。
その訳は風通しの良いこと・開放感だそうで、Goodな着こなしでした。 

おじろ角物店 小代正・美穂さんによるワークショップ  6月3日

おじろ角物店 小代正・美穂さんによるワークショップ開催、2日間で3クラス。
参加していただいた皆様、ありがとうございました。
その時の様子を遅ればせながら、綴ってみました。
 
とっても熱心に作業が進み、皆さん手元から目線が離れる様子もなく小代さんと美穂さんの指導のもと、
どんどん形になっていきます。
完成の形は蓋なし取っ手付きの籠。
熱気の中それぞれのカゴが仕上がって最後に二つの持ち手を取り付けるとすごい!!拍手!!
角物の手付きの籠を仕上げてしまう参加者の皆様に敬意の拍手を。
古山製パンのラスクと、はなればなれ珈琲のコーヒーをいただきながら、
参加の皆様もすっかり打ち解けてお話と笑い声がいいハーモニーを奏でている様子を窓越しに眺めて
「 し・あ・わ・せ 」 だなと感じるシーンでした。

◆ババグーリ  4月3日
 
ヨーガンレールによりデザインされた、暮らし周りの道具がならぶショップ ババグーリ。
清澄公園の木立をぬけると目前に、 Babaghuri のトレードマーク、小さな赤い家
のサインが見えてきます。 何度も通う道のりながらいつも期待でこころ弾みます。
2月初旬に夏のババグーリをみせてもらうためにドアを開けると、今年の夏のくらしがそこにあります。
衣・帽子・雑貨などなど。
とどきました。バスマット。
綿糸をざっくりと手織りした、肌ざわり、吸水性のよいバスマット。
色味は生成りと、藍に生成りの糸を織り込んだ二種類。

◆F/styleの靴下   4月23日

素材と編みの技術を活かした「履く人にやさしい」靴下。
昔ながらの編み方で、ゆっくり時間をかけて編んでいる靴下は、足首をしめつけず、血行をとめないので、
一日履いても足が疲れません。また何回洗ってもむしろ洗うほど風合いが良くなり、長く愛用していただけます。

◆くらしの綴りTOPに戻る >>
◆my bag TEMBEA   2月15日








お気にいりのバッグ。
TEMBEAの意味は、スワヒリ語で  ”放浪” の意味だそう。
素材はキャンバスにパラフィン加工を施し、防水性、強度に優れているので、日常使いに最適。
使い込むうちに、柔らかくいい雰囲気に変化していきます。
旅にもよくつかいますが、外ポケットに携帯とチケットを入れたりして便利で安心。                                                 
またこの愛用のバッグは、中が見えないようカバー付になっているので この点も満足。
そんな訳で、次の企画展を計画いたしました。
       
 3月26日~4月9日の ” TEMBEAのBAGでお出かけしましょう ”
 
BAGUETTE TOTE ・ TOTE BAG ・ NEWSPAPER TOTE ・ BOOK TOTE
CD TOTE ・ POUCH
 
ひとあし早く、 とても爽やかなCOTTON ・ LINEN SHIRTSが届きました。
白いSHIRTを着て、春の陽をあび、春の風を感じる。そんな日のおとずれももうすぐですよね。