NAOTの靴

12月6日(土)→13日(土)


履き心地抜群のイスラエルの手作り靴ナオト。
12/6→13(会期中無休)までの受注会です。

その他に・・・NAVY-YARDのネルシャツ・ウールシャツワンピース・ウールストール、
TEMBEAのバッグ、PUENTEのアルパカニット ロングカーディガン・キュロット・
レッグウォーマー・アンクルウォーマー、atelier Une placeのオーガニックコットン
タオル・ハンカチ・巾着、槇塚鉄工所のブローチ、nBOXの親子干支、ババグーリ
シナモンティ・ダージリンティ・はちみつ・杏の種のバーム・オリーブオイル、石原稔久
干支、アンパケのブローチ、而今禾のウールワンピース・ソフトジャケットなど・・・

お世話になった方への贈り物。クリスマス。わたしへのご褒美にもどうぞご利用ください。
こちらの商品は数がある限り、年末最終営業日12/27(日・月曜定休日)まで
お取扱いしています。2015年1/6より平常営業です。
ババグーリの秋から冬へ

11月15日(土)→22日(土)


写真のコートは、ウールとステンレス糸を撚って編んだニット。
糸の特徴を生かし、しわ感のある表情を出しています。

他にも、ウール天竺フェルトのジャケットや、
ヤクコットンのチュニック
杢裏毛のダブル合わせのジッパージャケットなど、
これからの季節を楽しむアイテムが取り揃います。


ぜひ店頭でお試しいただきたいものばかり
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

撮影  ヨーガン レール





石原稔久 陶展 「 祈り 」

11月1日(土)→8日(土)


石原稔久 在店日 11月1日

仏像を初めて作ったのは10年以上前。
なんとなく転がっていた土の塊の中に仏様の形をみつけた。
それ以来ライフワークのように仏を彫ってきた。
自分の周りを少しだけ照らす小さな祈り。そんな仏を作り続けたい。

いろいろな仏
器(ポット・湯のみ・ボウル・皿・片口・花入れなど




而今禾の服

10月11日(土)→18日(土)

Jikonkaの定番に加えて、
秋、冬に向けウールニットや縮絨をかけたウール生地で
新しいデザインのものをご用意しております。
薄手のものを重ね着することによって、
温度調節しやすいコーディネートをご提案。
今回おすすめのひとつ、ウール100%のコートは、
袖口がニット地で風が入りにくく
暖かく過ごしていただける仕立てになっています。

YAOITA KASUMI + un paquet + NAOT

6月3日(火)→6月10日(火)

ヤオイタカスミさんの着心地の良い麻素材のワンピースやチュニックは優しくシンプルな形。
un paquet(アンパケ)の古いボタンを使ったアクセサリーはどこか懐かしくて新しい。
どちらも大人の可愛らしさを感じさせてくれるデザイン。
そして、履き心地抜群のイスラエルの手作り靴ナオトのサンダルも初夏の高知に届きます。













トラネコボンボン & sunui

5月23日(金)・24日(土)・25日(日)

トラネコボンボンとsunuiがサーカスをテーマに3日間のイベントを開催します。
トラネコボンボンはサーカステントの小さな食堂「トランポリン」開店!!
ゆっくりお楽しみいただけるよう予約制です。
ベジディッシュランチ、スープやシチューと季節の野菜のいろんなデリ、
冷たいデザートやドリンクをご用意いたします。

sunuiは高知で初めての販売会です。
オリジナルの小物やバッグ、アクセサリーに加えて、トラネコボンボンと一緒に作った
手ぬぐいやマグカップも販売します。

<食堂トランポリン>
ランチ \1300 要予約
ドリンク \400~
トラネコクッキーBOX

絵+Food トラネコボンボン
toranekobonbon.com

サーカス小物 スヌイ snui.jp



※ランチのご予約は 
くらしのかたち テーブルギャラリー まで
tel 088-882-7030





ババグーリの春から夏へ

5月10日(土)→5月17日(土)

本格的な衣替えの季節がやってきました。
今年もババグーリでこの季節を楽しんでください。

おすすめのひとつ 
プリントされた薄手のデニムを使った、シンプルなプルオーバーシャツ。
デニムと言うと、ジーンズのようにカジュアルなアイテムを想像しがちですがインディゴ染めの織物として見れば、デザインはもっと自由になります。
ちょっと光沢のある生地はカジュアルというより、むしろシックな印象
プリントの柄にはヨーガンレールからのメッセージが・・・

その他にインドの民族衣装・sariを自在に縫い合わせたキルトや刺子バッグ、クッションなど絵画のような手仕事の色々もご覧いただけます。 
爽やかな風とともに、ぜひ遊びにいらしてください。

牧野里香さんが作るババグーリのお菓子も届きます!
・塩アーモンドクッキー
・グラノーラ




エフスタイルの仕事

4月26日(土)→5月3日(土)

エフスタイルさん 在店日 4月26日(土)


五十嵐恵美1978年、星野若菜1979年、ともに新潟生まれ
東北芸術工科大学を卒業した2001年春、地元新潟にて「エフスタイル」を開設

― ふたりの女性がゼロからはじめた、地場産業の作り手たちと生活者をつなぐ仕事。確かな技術が生み出すまっとうなモノを伝えるために、話し合い、手を動かして、作り手の魅力を引き出してゆく中から、築いていった新しいビジネスの形。 ―
               著書『エフスタイルの仕事』より抜粋

代表作に、山形の月山緞通とのコラボレートによる
マットシリーズや、新潟のシナ布、ゴムが入っていない靴下等。
伝統産業と「今」を結び、使い手へと商品を届けている。

URL→http://www.fstyle-web.net

出品アイテム:ゴムが入っていないふんわりした履き心地の靴下、亀田縞シリーズ(風呂敷、手ぬぐい、かっぽう着、パンツ)、シナ布の手さげ袋、ホールガーメントのニット、銅シリーズ(鍋、片口、皿、ボウル)曲げ物、月山緞通のマット、籘のバスケット、はぜの和蝋燭、他多数



 
村田森 陶展

4月5日(土)→4月12日(土)

京都 賀茂川の源流へと向う。
静けさがひそむ北山杉の間をぬけると
とても優しいオオカミ犬と笑顔の柴犬が迎えてくれた。
「 こんにちは久し振り 」
やっとやっと高知での作品展が実現。
初回は絵付作品でと、お願いしましたところ
なんと染付の鉢と阿蘭陀手 カップソーサーが
案内状の撮影の為に届いたのです。
東洋と西洋の魅力的なブルーの絵付。
村田森さんはいつも全力で挑戦し、好奇心いっぱい!
ぜひご覧いただけますように。

村田森さんに会える日 4月5日(土)





10cm 展

3月8日(土)→3月15日(土)

・三谷龍二 在店日 3月8日

いろいろ旅行に行って思うのだけれど、教科書にでてくるような名所旧跡って意外に印象に残らないもの。
むしろその後行った町のカフェや雑貨店のことをいつまでも覚えている、ということがよくあります。
それは恐らく与えられた知識と、自分の足と興味で得たものとの違いなのでしょうが、こんな風に僕たちは大切なことを学校ではなくて、町からたくさん学んできたように思います。
情報ではなく、人と人が具体的に出会う 「 場所 」 の存在は今後さらに大切になるだろうから、 「 10cm 」 がそんななか何かできることがあったらと思います。
                               三谷 龍二


三谷さんの木の器や 「10cm 」 のお店にしかないモノが
いろいろ届きます。お楽しみに!




 


NAVY−YARD  春色のリネンシャツ

2月22日(土)→3月1日(土)

・日高典子 在店日 22日、23日

今回の一番の特徴は、1着分づつ春のきれいなカラーに染めた
リネンを使ってのオーダーシャツです。
ネイビーヤードで手で染めますので、少しムラ感があったりして
味わいがありどれも1点分です。
もちろんいつものギンガムやストライプの生地も用意します。

・オリジナルのコットンパンツ、スカート
・ユルくて着心地のいいスウェット生地のジャケット、カーディガン
・1点ものシャツ
・定番の袖口リブのシャツ
・ワンピース、ストール、天然石アクセサリー



 
堅田貴治 - 器と料理のおいしい時間 -

2月8日(土)→15日(土)

作り手と話しをしていると、その人の手を見ます。
木を削る手、漆塗りの手、布をちくちく縫う手・・・・・それぞれ違う手だけれど、
モノを作る手はどの手も作り手の顔になっています。
今回はろくろを引く手と料理人の“手の仕事”を見て頂きたいです。
堅田さんの器に、 「 雨風食堂 」 伊東さんのお料理をお願いしました。
高知の若き作り手二人のコラボレーションです。
毎日使いたくなる出番の多い暮らしの器と、
お家ご飯のヒントがもらえそうなお料理で、お待ちしております。

【 雨風食堂の料理 】
季節の魚と野菜をつかった和のお食事
2月8日(土) ①11時半~ ②1時半~
1500円 要予約 テーブルギャラリーまで


雨風食堂 http://amekaze-shokudo.jp/



STOREのボーダー展

1月11日(土)→1月18日(土)

新作 「 タイルチェックワンピース 」
19×19=361色 ウール100%
19色のたて糸と19色のよこ糸で織ったチェック柄ワンピースです。
たて糸とよこ糸が50%の割合で交差することで361色のマス目が生まれ、リピートなく織られた生地は刻々と色が変化していきます。
STOREの特徴である 「 ベーシックであり一点もの 」 を 「 織物 」 で実現しました。

そして、2つと同じ色の組み合わせのないVネックとUネック、どちらが前でも着ることの出来るウール糸で大好評の 「 シンメトリーチュニック 」 や同色の濃淡が特徴でコットン100%の 「 トーンボーダー 」 ほか、定番 「 ボーダーシリーズ 」 の長袖T-シャツ、八分袖ワンピース、七分袖Vネック、カーディガン、コドモ長袖T-シャツ、コドモワンピースなど勢ぞろいします。




●2014年の企画展